藤本幸邦(読み)ふじもと こうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本幸邦 ふじもと-こうほう

1910-2009 昭和-平成時代の僧,社会運動家。
明治43年8月29日生まれ。長野市にある生家の曹洞宗(そうとうしゅう)円福寺の住職をつぐ。戦後,篠ノ井文化協会を設立し,劇団「たんぽゝ」などの文化活動をおこす。また戦災孤児救援運動をすすめ,昭和23年養護施設の円福寺愛育園を開設。アジア難民救援などの国際ボランティア活動もおこない,平成6年カンボジアに小学校校舎をおくった。平成21年12月4日死去。99歳。駒沢大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android