コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本幸邦 ふじもと こうほう

1件 の用語解説(藤本幸邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本幸邦 ふじもと-こうほう

1910-2009 昭和-平成時代の僧,社会運動家。
明治43年8月29日生まれ。長野市にある生家の曹洞宗(そうとうしゅう)円福寺の住職をつぐ。戦後,篠ノ井文化協会を設立し,劇団「たんぽゝ」などの文化活動をおこす。また戦災孤児救援運動をすすめ,昭和23年養護施設の円福寺愛育園を開設。アジア難民救援などの国際ボランティア活動もおこない,平成6年カンボジア小学校校舎をおくった。平成21年12月4日死去。99歳。駒沢大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤本幸邦の関連キーワード石上玄一郎山本達郎青木和夫阿部岩夫梅若雅俊加藤晨明倉地与年子栗栖継花見薫本山政雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone