コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本幸邦 ふじもと こうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本幸邦 ふじもと-こうほう

1910-2009 昭和-平成時代の僧,社会運動家。
明治43年8月29日生まれ。長野市にある生家の曹洞宗(そうとうしゅう)円福寺の住職をつぐ。戦後,篠ノ井文化協会を設立し,劇団「たんぽゝ」などの文化活動をおこす。また戦災孤児救援運動をすすめ,昭和23年養護施設の円福寺愛育園を開設。アジア難民救援などの国際ボランティア活動もおこない,平成6年カンボジアに小学校校舎をおくった。平成21年12月4日死去。99歳。駒沢大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤本幸邦の関連キーワード自動車事故自由形ブタインフルエンザ背泳吹雪バタフライ山田朱莉学校法人染料工業登録記念物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android