コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野市 ながの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長野〔市〕
ながの

長野県北部にある中核市。県庁所在地。長野盆地を中心に広がり,北部で新潟県に接する。1897年市制。1923年吉田町ほか 3村,1954年安茂里村など 10村を編入。1966年篠ノ井市と松代町,若穂町,川中島町の 3町および更北村,七二会村,信更村の 3村と合体。2005年大岡村,豊野町,戸隠村,鬼無里村の 4町村,2010年信州新町,中条村の 2町村をそれぞれ編入。中心市街地は犀川左岸の支流裾花川の扇状地上に立地し,善光寺の門前町,市場町,北国街道の宿場町として,江戸時代から急速に発展。明治4(1871)年長野県の県庁所在地となり,以後行政,商業,文化,教育の各機関が集中。第2次世界大戦後は住宅地が郊外に広がり,人口が著しく増加。商業地区の中心は昭和初期までは善光寺門前であったが,第2次世界大戦後は中央の権堂町付近,さらに近年は長野駅付近に移った。市街地西部には国,県の庁舎や学校,新聞社などが集まり,近郊には味噌醸造を主とする食品加工,電機などの中小工場が立地する。南東部の松代,南部の篠ノ井にも市街地がある。農村部では千曲川とその支流犀川の氾濫原を中心として米作が行なわれるほか,リンゴ,モモ,ナガイモ,タマネギなどが栽培される。特にリンゴは信州りんごの発祥地で,山麓斜面や自然堤防上で栽培される。安茂里地区はアンズで有名であるが,宅地化が進んでいる。北西部の高冷地ではソバなどの雑穀やタバコを栽培し,戸隠の手打ちそばは特産品。北西部の戸隠高原や南西部の聖高原周辺では別荘地やスキー場の開発が進められている。観光地,名所・旧跡には善光寺(本堂は国宝)をはじめ,松代城跡(→海津城),松代藩主真田家墓所,旧文武学校,川柳将軍塚古墳・姫塚古墳,大室古墳群,埴科古墳群に属する土口将軍塚古墳(以上国指定史跡),往生寺,城山公園,川中島の古戦場跡などがあり,北西部の飯縄山山麓は高原行楽地となっている。素桜神社の神代ザクラは国の天然記念物。市の北西部が妙高戸隠連山国立公園に,南西部が聖山高原県立自然公園に属する。1997年北陸新幹線が開通。JR信越本線,飯山線,篠ノ井線,長野電鉄,しなの鉄道線,国道18号線,19号線,406号線などが通り,上信越自動車道のインターチェンジがある。白馬村山ノ内町とともに,1998年の長野オリンピック冬季競技大会開催地。面積 834.81km2。人口 37万7598(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ながの‐し【長野市】

長野

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の長野市の言及

【国市】より

…こうした一国あるいは一定地域内の定期市網のなかでの中心的な市が国市,親市とよばれ,一の日に開かれるものがあった。南北朝時代,近江の愛智郡の長野市は中山道に接し,地理的に国の中心部に位置していたためか親市と称され,一日市であった。周辺の定期市はおそらく長野一日市を基準にして市日が決定されたことも考えられる。…

※「長野市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長野市の関連キーワード長野オリンピックスタジアム長野県長野市南長野南石堂町長野県長野市松代町東寺尾長野県長野市松代町小島田長野県長野市南長野末広町長野県長野市松代町西寺尾長野県長野市南長野新田町長野県長野市南長野諏訪町長野県長野市南長野西後町長野県長野市南長野南県町長野県長野市松代町城北長野県長野市松代町城東長野県長野市南長野妻科長野県長野市南長野県町長野県長野市大豆島西沖長野県長野市松代町岩野長野県長野市松代町牧島長野県長野市篠ノ井有旅長野県長野市真島町真島長野県長野市真島町川合

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野市の関連情報