コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤森素檗 ふじもり そばく

美術人名辞典の解説

藤森素檗

江戸後期の俳人信濃生。暁台俳諧を修める。『続雪まろげ』その他編著多数。文政4年(1821)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤森素檗 ふじもり-そばく

1758-1821 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦8年生まれ。信濃(しなの)(長野県)上諏訪(かみすわ)の油商。父の蓼阿,同地の藤森文輔,のち加藤暁台(きょうたい),井上士朗にまなぶ。同郷の河合曾良(かわい-そら)の百回忌に記念集「続雪まろげ」を刊行。俳画にもすぐれた。文政4年2月26日死去。64歳。名は由永。字(あざな)は茂世。通称は島屋太郎右衛門。別号に福庵。遺句集に「素檗句集」。
【格言など】ぽつりんと年はくれけり諏訪の湖(「素檗句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤森素檗の関連キーワード俳句(文学)

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android