コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤江監物 ふじえ けんもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤江監物 ふじえ-けんもつ

1687-1731 江戸時代中期の武士。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩家老。享保(きょうほう)9年恒富村出北(いできた)の開拓のため五ケ瀬川からの用水路建設に着手したが,軍用金流用の嫌疑をかけられ,享保16年8月26日獄死。45歳。名は満遭(みつゆき)。工事は江尻喜多右衛門(えじり-きたえもん)によって19年に完成。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤江監物の関連キーワード貞享

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android