コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江尻喜多右衛門 えじり きたえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江尻喜多右衛門 えじり-きたえもん

?-1739 江戸時代中期の武士。
日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩郡奉行。享保(きょうほう)9年家老藤江監物(けんもつ)の命で岩熊井堰(いぜき)の築造と出北(いできた)用水路の開削工事をはじめる。工事は監物の失脚などにより一時中断したが,19年にようやく完成。延長約12km,灌漑面積は130haにおよんだ。元文4年8月15日死去。名は延勝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江尻喜多右衛門の関連キーワード霊空ペシェッティ地方財政計画美濃加茂市の外国人安島直円カールス教会景清北尾重政国見岳常山紀談

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android