藤沢友吉(初代)(読み)ふじさわ ともきち

  • 藤沢友吉(初代) ふじさわ-ともきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1866-1932 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応2年3月生まれ。大阪の薬品問屋の店員となる。明治27年藤沢商店(現藤沢薬品工業)をひらき,31年樟脳(しょうのう)精製所を設立し,藤沢樟脳を発売。のち医薬品製造に進出し回虫駆除薬マクニンを発売した。昭和7年4月17日死去。67歳。伊勢(いせ)(三重県)出身旧姓は福守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android