藤野斎(読み)ふじの いつき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤野斎 ふじの-いつき

1831-1903 幕末の郷士。
天保(てんぽう)2年3月15日生まれ。丹波桑田郡(京都府)山国郷の名主藤野五右衛門の長男。京都で儒学,医学をまなび,山国神社神職となる。慶応4年山国隊を組織し,鳥取藩に属して新政府軍の東征に従軍した。明治36年5月11日死去。73歳。幼名は縫殿介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android