藪人参(読み)ヤブニンジン

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藪人参 (ヤブニンジン)

植物。キク科の越年草,薬用植物。カワラニンジンの別称

藪人参 (ヤブニンジン)

植物。ケシ科の越年草,薬用植物。ムラサキケマンの別称

藪人参 (ヤブニンジン)

学名:Osmorhiza aristata
植物。セリ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やぶ‐にんじん【藪人参】

〘名〙
① セリ科の多年草。各地の山野に生える。高さ三〇~六〇センチメートル。葉は二回三出羽状複葉でニンジンの葉に似ている。春、ごく小さな白い五弁花をまばらにつけた散形花序を出す。果実は長楕円状線形で長さ三センチメートルぐらい。漢名、香根芹・野胡蘿蔔。ながじらみ。〔物品識名(1809)〕
② 植物「かわらにんじん(河原人参)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
③ 植物「むらさきけまん(紫華鬘)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android