コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪明山 やぶ めいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藪明山 やぶ-めいざん

1853-1934 明治-大正時代の陶画家。
嘉永(かえい)6年生まれ。藪長水の次男。大阪の人。東京で陶画法をまなび,明治13年大阪中之島に薩摩焼描画場を設立。薩摩苗代川焼の12代沈寿官(ちん-じゅかん)の素地絵付けをし,海外向けの食器,花瓶をつくった。作品は明山薩摩とよばれ,各国の博覧会で好評を博した。昭和9年5月死去。82歳。本名は政七。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藪明山の関連キーワード大正時代嘉永

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android