コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藪明山 やぶ めいざん

1件 の用語解説(藪明山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藪明山 やぶ-めいざん

1853-1934 明治-大正時代の陶画家。
嘉永(かえい)6年生まれ。藪長水の次男。大阪の人。東京で陶画法をまなび,明治13年大阪中之島薩摩焼描画場を設立。薩摩苗代川焼の12代沈寿官(ちん-じゅかん)の素地に絵付けをし,海外向けの食器,花瓶をつくった。作品は明山薩摩とよばれ,各国の博覧会で好評を博した。昭和9年5月死去。82歳。本名は政七。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藪明山の関連キーワード徳川家慶テンプル日本製鉄コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新金子堅太郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone