コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我連子 そがの むらじこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我連子 そがの-むらじこ

?-664 飛鳥(あすか)時代の豪族。
蘇我馬子(うまこ)の孫で,蘇我倉山田石川麻呂の弟,蘇我赤兄(あかえ)の兄。斉明(さいめい),天智(てんじ)の両朝につかえ大臣(おおおみ)をつとめた。天智天皇3年5月死去。享年54歳ともいわれる。名は牟羅志,武羅自ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蘇我連子

没年:天智3.5(664)
生年:生年不詳
7世紀中ごろの豪族。蘇我倉山田石川麻呂の弟,赤兄の兄。名は牟羅志,武羅自などと書き,また石川連子ともみえる。斉明・天智両朝では大臣。大臣大紫で死去した。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

蘇我連子の関連キーワード藤原武智麻呂蘇我安麻呂石川宮麻呂藤原宇合藤原房前石川年足蘇我馬子

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android