コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭州良芳 らんしゅう りょうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘭州良芳 らんしゅう-りょうほう

1305-1385* 南北朝時代の僧。
嘉元(かげん)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。一山一寧(いっさん-いちねい)にまなび,雪村友梅の法をつぐ。康安元=正平(しょうへい)16年楠木正儀(くすのき-まさのり)が京都に攻め入ったとき,4歳の足利義満の危難をすくい,その父足利義詮(よしあきら)の知遇をえて,万寿寺,建仁寺,南禅寺の住持をつとめた。至徳元=元中元年12月6日死去。80歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。俗姓は橘。諡号(しごう)は弘宗定智禅師。著作に「弘宗定智禅師語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蘭州良芳の関連キーワードアビス朝スリューテルティームールフェッラーラウォーレスクレメンス[5世]ウォレスクレメンス5世ワーツラフ2世王蒙

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android