コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎哉宗乙 こさい そうおつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎哉宗乙 こさい-そうおつ

1530-1611 戦国-江戸時代前期の僧。
享禄(きょうろく)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。岐秀元伯(ぎしゅう-げんぱく)の法をつぐ。出羽(でわ)米沢城(山形県)城主伊達輝宗(てるむね)に嫡子政宗の師としてまねかれ,資福寺住持となる。のち仙台覚範寺開山(かいさん),京都妙心寺住持となった。慶長16年5月8日死去。82歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は福地。諡号(しごう)は仏海慈雲禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虎哉宗乙の関連キーワード宗乙享禄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android