コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎哉宗乙 こさい そうおつ

1件 の用語解説(虎哉宗乙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎哉宗乙 こさい-そうおつ

1530-1611 戦国-江戸時代前期の僧。
享禄(きょうろく)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。岐秀元伯(ぎしゅう-げんぱく)の法をつぐ。出羽(でわ)米沢城(山形県)城主伊達輝宗(てるむね)に嫡子政宗の師としてまねかれ,資福寺住持となる。のち仙台覚範寺開山(かいさん),京都妙心寺住持となった。慶長16年5月8日死去。82歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は福地。諡号(しごう)は仏海慈雲禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

虎哉宗乙の関連キーワード狩野正信理慶由良国繁後水尾天皇イワン狩野正信ザカリアス広場テルチボーダンメッヘレン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone