コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎蛾 トラガ

デジタル大辞泉の解説

とら‐が【虎×蛾】

トラガ科の昆虫。翅(はね)は黒色で、前翅には黄白色の、後翅には橙黄色の斑紋があり、腹部には橙黄色の横縞がある。
鱗翅(りんし)目トラガ科の昆虫の総称。おおむね昼飛性。翅は派手な色彩のものが多く、大部分は熱帯に産する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とらが【虎蛾】

トラガ科のガ。開張約55ミリメートル。前ばねは黒色の地に黄白色の斑紋があり、後ろばねは橙色と黒のまだら。六、七月に成虫が見られ、昼間花に集まる。日本各地と朝鮮半島・中国に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虎蛾 (トラガ)

学名:Chelonomorpha japana
動物。トラガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

虎蛾の関連キーワード朝鮮半島後翅成虫斑紋開張ばね橙色

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android