コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚廓長清 こかく ちょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虚廓長清 こかく-ちょうせい

?-1455 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越後(えちご)(新潟県)耕雲寺傑堂能勝の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼったのち,永享6年顕窓慶字(きょうじ)のあとをうけ,越後慈光寺の住持となった。享徳4年5月23日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虚廓長清の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android