コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫拳 ムシケン

デジタル大辞泉の解説

むし‐けん【虫拳】

の一。親指を蛙(かえる)、人さし指を蛇、小指をナメクジに見立てて勝負を争うもの。蛙は蛇に、蛇はナメクジに、ナメクジは蛙に負ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むしけん【虫拳】

拳の一種。親指を蛙かえる、人差し指を蛇、小指を蛞蝓なめくじとし、蛙は蛇に、蛇は蛞蝓に、蛞蝓は蛙にそれぞれ負けるという決まりで勝負を争う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の虫拳の言及

【拳】より

…このように1から10までと〈無し〉の11種で,これを中国語音で呼ぶ。
[三すくみ拳]
 おもなものとして狐拳(庄屋拳,藤八拳ともいう),虫拳,虎拳,石拳(じゃんけん)などがあるが,さらに狐拳から変容した柳拳,尾上拳,深川拳,ちょん脱拳,お上げのお手を,おいでなさい,廻り拳,供(とも)せ供せなどがある。また拳をつかわず,狐拳を言葉で行うめくら拳もある。…

※「虫拳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

虫拳の関連キーワード交ぜ拳・雑ぜ拳じゃんけん拳囃子蛞蝓三竦

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android