コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 けん

9件 の用語解説(拳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


けん

2人が相対して,掌の開握・指の屈伸などで勝負を競う遊戯。両人の提示する数の和を言いあてる数拳と,互いに一方には勝つが一方には負けるという関係がある3つの型で競われる三すくみとの2つの系統に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けん【拳】

手を握り固めたもの。こぶし。握りこぶし。
二人以上が、手や指でいろいろの形を作って勝敗を争う遊戯。江戸時代、中国から長崎に伝えられたもの。本拳虫拳・狐拳(きつねけん)(藤八拳(とうはちけん))・じゃんけんなどがある。「を打つ」

けん【拳】[漢字項目]

常用漢字] [音]ケン(漢) ゲン(呉) [訓]こぶし
〈ケン〉
握りこぶし。「拳銃空拳鉄拳
素手で行う武術や体操。「拳闘拳法太極拳
丸くかがんで慎むさま。「拳拳服膺(けんけんふくよう)
〈ゲン〉握りこぶし。「拳固拳骨
[名のり]かたし・つとむ
[難読]両拳(じゃんけん)

こぶし【拳】

5本の手の指を折り曲げて握りしめたもの。にぎりこぶし。げんこつ。げんこ。「を振り上げる」「をかためる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

拳【けん】

相対した2人が手や指でいろいろの形を示し,掛け声をかけながら勝負する遊戯。今日に伝わっている拳戯といえば〈じゃんけん〉がその代表例。その他には,狐拳,箸拳などが比較的よく知られている。
→関連項目だるまさんがころんだ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けん【拳】

両人相対し指,手,腕や体勢で形姿を示し,それによって勝敗を決める遊び。拳の種類によってそれぞれの取り決めがある。拳戯は中国からの渡来遊戯とするのが通説で,中国では拇戦,拇陣,中指之戯などと呼ばれ,酒宴の座興として行われた。日本では拳打あるいは○○拳と呼ばれ,江戸期に長崎から京坂,そして江戸へと伝えられた。現在では,拳といえば〈じゃんけん〉を想起するのが一般的だが,その他にもさまざまな拳がある。しかし,それらを遊事の内容から大別すると,数拳と三すくみ拳の2種類に分けることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けん【拳】

二人以上で、指でいろいろな形をつくって勝敗を決める遊戯。中国から伝来したもので、本拳・虫拳・狐きつね拳など種々ある。じゃんけんもその一種。 「 -を打つ」

こぶし【拳】

五指を曲げて握り締めたもの。握りこぶし。 「 -をふり上げる」 「 -をにぎる」
剣・弓・矢・鷹などを使う腕前。 「四半しはんまる物下げ針は大方-の定まつた物ぢや程に/狂言・八幡の前」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けん

2人が向かい合って掛け声をかけながら手や指の動作で勝負を争う遊び。元禄(げんろく)時代(1688~1704)の初め中国から長崎に伝えられ全国に広がっていったといわれる。中国から伝えられた拳は拇(ゆび)拳といい、もっぱら指の屈伸と掛け声で11種類の数の変化を表して勝負を争うもので、中国ではおもに酒宴の座興として行われている。この拳はわが国で考案されたいろいろな拳と区別して本拳、長崎に伝えられたことから長崎拳ともいう。わが国においてはその後、十数種の拳が考案されたが、大別して、数を当てて争うものと、三すくみで争うものとがある。数で争うものは、高知県地方で行われている何個(なんこ)拳または箸(はし)拳といわれるものが代表的で、互いに3本の箸または楊枝(ようじ)を持ち、両方で出した本数の合計を当てて争う。三すくみのものは、岡村藤八(とうはち)という薬商人の売薬の掛け声からつくられたとも、藤八という幇間(ほうかん)が考案したともいわれる藤八拳が代表的なもので、庄屋(しょうや)拳または狐(きつね)拳ともいわれる。庄屋が鉄砲に勝ち、鉄砲が狐に勝ち、狐が庄屋に勝つ三すくみで勝負し、普通は3回続けて勝ったほうを勝ちとする。この拳も初めは酒宴の座興として行われていたが、享保(きょうほう)年間(1716~36)のころから拳の流行を背景に相撲(すもう)に倣って「拳相撲」が行われるようになり、初めは本拳、のちにはもっぱらこの藤八拳で勝負をするようになった。現在も拳会などの大会ではこの藤八拳が行われている。拳にはこれらのほか、虫拳、虎(とら)拳、交(まじり)拳、片拳、源平拳、匕王(すくい)拳などがあり、日常広く行われている「じゃんけん」も拳の一種である。[倉茂貞助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拳の関連キーワード五反田三和くらり五・伍五条混本歌五十里五日町五条西五郎丸

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拳の関連情報