コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫鰈 ムシガレイ

デジタル大辞泉の解説

むし‐がれい〔‐がれひ〕【虫×鰈】

カレイ科の海水魚。沿岸の砂泥底にすむ。全長約40センチ。体は卵円形。有眼側は暗褐色で、黒褐色の輪状紋が虫食い状に散在干物などにする。みずがれい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むしがれい【虫鰈】

カレイ目の海魚。全長60センチメートルに達するが、多くは約30センチメートル。体は長卵形で、口はやや大きく、目は体の右側にある。有眼側は淡褐色で、黒褐色の大小の円形の斑紋が散在する。冬に美味。干物にされる。日本近海と東シナ海に分布。ミズガレイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虫鰈 (ムシガレイ)

動物。カレイ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

虫鰈の関連キーワードムシガレイミズガレイ東シナ海淡褐色動物海魚斑紋分布円形大小

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android