虫鰈(読み)ムシガレイ

大辞林 第三版の解説

むしがれい【虫鰈】

カレイ目の海魚。全長60センチメートルに達するが、多くは約30センチメートル。体は長卵形で、口はやや大きく、目は体の右側にある。有眼側は淡褐色で、黒褐色の大小の円形の斑紋が散在する。冬に美味。干物にされる。日本近海と東シナ海に分布。ミズガレイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報