虻蜂取らず(読み)アブハチトラズ

  • あぶはち
  • 取(と)らず
  • 虻蜂
  • 虻蜂(あぶはち)取(と)らず

とっさの日本語便利帳の解説

二つのものを同時に取ろうとすると、結局両方とも取れず終いになるということ。欲張ると損をする。もとは「虻も取らず蜂も取らず」。「二兎を追うは一兎も得ず」と同義。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あれもこれもと、両方をねらってどちらもだめになる。あまり欲を深くしてかえって失敗すること。虻も取らず蜂も取らず。
※人情本・花の志満台(1836‐38)四「悪くすると虻蜂(アブハチ)取らずに、ならうも知れねえやス」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

二つのものを手に入れようとして、結局、どちらも中途半端に終わり、何も得られないことのたとえ。

[使用例] いろんなことができますと非常に移り気になって、これもやってみよう、あれもやってみようということになる。それが苦もなくできますと、かえってアブハチとらずになる[湯川秀樹*この地球に生れあわせて|1975]

[解説] 古くは、「虻も取らずも取らず」といいました。虻と蜂は外見が似ていて、蜂が蜜などの利用価値があるのに対し、虻は病を媒介する有害無益なものでした。では、なぜ虻も取ろう蜂も取ろうとするのか、実のところ、ことわざだけではよくわかりません。かつてはよく使われた表現ですが、西洋から入ってきた「二兎を追う者は一兎をも得ず」にしだいに取ってかわられようとしています。

[類句] 二兎を追う者は一兎をも得ず

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android