コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇王の碑 じゃおうのひTombstone of King Snake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛇王の碑
じゃおうのひ
Tombstone of King Snake

古代エジプト,古拙時代 (前 3100頃~2686頃) の第1王朝時代のアビドスにあるウアジ王の墓で発見された石碑。浮彫で表わされているたかはホルス神を象徴し,エジプト王がホルス神の後裔であることを示している。たかの足元の枠に,この王のホルス名であるチャ Chaがへびの象形文字で記されている。その下は宮殿を暗示している。これは統一国家としての王権が同時に神権を伴っているものであること,しかも王が死後の世界を永遠に生き続けるためのあかしであることを意味している。ここに 3000年にわたるエジプト美術を支配した宗教的性格と芸術的特質が示され,簡潔で力強い構成がこの作品の芸術性を高めている。全高 2.49m,幅 0.6m。石灰石製。ルーブル美術館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蛇王の碑の関連キーワードアイスランド火山噴火アンネの日記4大監査法人LEDハンセン病療養所マイバスとデマンドバスマンション建設ラッシュロンドン証券取引所川上ダム老人保健施設

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android