コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂須賀宗英 はちすか むねてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀宗英 はちすか-むねてる

1684-1743 江戸時代中期の大名。
貞享(じょうきょう)元年4月9日生まれ。蜂須賀隆喜の3男。蜂須賀忠英(ただてる)の孫。蜂須賀宗員(むねかず)の養子となり,享保(きょうほう)20年(1735)阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀家7代。翌年幕府から大井川堤防の補修を命じられ,藩財政は窮迫した。寛保(かんぽう)3年2月30日死去。60歳。幼名は勘次郎。号は無等軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蜂須賀宗英の関連キーワード貞享江戸半太夫半太夫節野水半太夫節稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代