コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂須賀宗員(読み)はちすか むねかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀宗員 はちすか-むねかず

1709-1735 江戸時代中期の大名。
宝永6年1月1日生まれ。蜂須賀綱矩(つなのり)の6男。はじめ正員を名のる。蜂須賀隆長の養子となり,正徳(しょうとく)4年(1714)阿波(あわ)(徳島県)富田(とみだ)藩主蜂須賀家3代。享保(きょうほう)10年兄たちの早世で宗家の嫡子となり,宗員と改名した。13年阿波徳島藩主蜂須賀家6代となり,富田藩は廃された。享保20年6月7日死去。27歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる