コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜂須賀至鎮 はちすか よししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜂須賀至鎮 はちすか-よししげ

1586-1620 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)14年1月2日生まれ。蜂須賀家政の長男。豊臣秀吉につかえる。慶長5年(1600)関ケ原の戦いでは徳川家康に味方し,同年阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀家初代となる。17万6000石。大坂冬の陣の功により松平の称号をゆるされ,夏の陣後,淡路(あわじ)を加増され,あわせて25万7000石を領した。元和(げんな)6年2月26日死去。35歳。幼名は千松丸。初名は豊雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蜂須賀至鎮

没年:元和6.2.26(1620.3.29)
生年:天正14(1586)
江戸前期の大名。阿波徳島藩の初代藩主。幼名千松丸。のち長門守,阿波守を称した。諱は初め豊雄また忠吉。蜂須賀家政の長男で徳島に生まれる。母は生駒家長の娘。8歳より豊臣秀吉に仕え,秀吉死後は細川忠興,加藤清正らと党派をなして石田三成を弾劾し,徳川家康に接近する。慶長5(1600)年1月,小笠原秀政の女子を家康養女として正室に迎える。同年6月,家康の会津討伐に従軍し,同9月の関ケ原の戦では東軍先鋒の一翼をになって戦功を立てる。同19年の大坂冬の陣では徳川方について戦い,博労ケ淵の合戦などで抜群の戦功を立て,将軍秀忠から感状ならびに松平の称号を与えられた。夏の陣では参陣途中で一揆の勢力と遭遇して合戦に参加しなかったが,戦後は淡路国を加増されて25万7000石を領知した。<参考文献>岡本由喜三郎,小出植男『峻徳公略伝』

(笠谷和比古)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

蜂須賀至鎮 (はちすかよししげ)

生年月日:1586年1月2日
江戸時代前期の大名
1620年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の蜂須賀至鎮の言及

【淡路国】より

…【小川 信】
【近世】
 1581年(天正9)織田信長の部将仙石秀久が入部,85年豊臣秀吉の四国平定後脇坂安治が3万3000石の洲本城主として,その伊予大洲移封後には,1610年(慶長15)池田輝政の三男忠雄が6万3000石領主として居城を紀淡海峡にのぞむ由良にかまえた。15年(元和1)池田忠雄が本家岡山藩主として転出,淡路は収公後,あらためて6万3000石余が徳島藩主蜂須賀至鎮(よししげ)に加封された。その後18年岩屋周辺1万7000石が加増され,以後淡路全島は蜂須賀氏の領するところとなった。…

【徳島藩】より

…阿波国(徳島県)名東郡徳島に藩庁を置いた外様大藩。1585年(天正13)蜂須賀家政が豊臣秀吉によって阿波一国(17万6000石)に封ぜられたのに始まる。1600年(慶長5)関ヶ原の戦では家政の子至鎮(よししげ)が東軍に属し,戦後徳川家康からあらためて阿波一国を与えられた。03年板野郡の赤松則房旧領1万石と毛利兵橘旧領1000石を加え,大坂の陣後,15年(元和1)には淡路国7万石余が加増されて,25万7000石の藩領域が確定し,廃藩置県まで持続した。…

※「蜂須賀至鎮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蜂須賀至鎮の関連キーワード水野十郎左衛門蜂須賀忠英薄田兼相大野治房池田光仲生年月日お虎の方洲本城洲本藩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜂須賀至鎮の関連情報