コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜷川親俊 にながわ ちかとし

2件 の用語解説(蜷川親俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜷川親俊 にながわ-ちかとし

?-1569 室町-戦国時代の武将。
蜷川親長の父。家職の室町幕府政所代(まんどころだい)をつぎ,伊勢貞孝にしたがって将軍足利義輝につかえる。晩年は出羽(でわ)におもむき,永禄(えいろく)12年11月14日村山郡(山形県)で死去。連歌をよくした。「親俊日記」は当時の幕政を知る貴重な史料である。名は親世(ちかよ)とも。法名は道哉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

蜷川親俊

没年:永禄12.11.14(1569.12.21)
生年:生年不詳
戦国時代の幕府吏僚。室町幕府政所代蜷川親順の子。大和守。法名道哉。若くして家督を継ぎ政所代となり,政所執事伊勢貞孝に仕えて将軍家の家産を司った。『親俊日記』は天文7(1538),8,11,18,21各年が残存し,幕領の動向を伝える。主貞孝は永禄5(1562)年9月,将軍足利義輝に背き討伐されたことから失脚し,翌年9月主従15人で出羽に下り親俊もこれに同行,その地で没した。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の蜷川親俊の言及

【蜷川親俊日記】より

…室町幕府12代将軍足利義晴の時期に政所代(まんどころだい)をつとめた蜷川親俊(?‐1569)の日記。1538年(天文7)より42年までの自筆日記と49年より52年の残簡が残る。…

※「蜷川親俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

蜷川親俊の関連キーワードトスカナ大公国被災地のがれき伊東満所崇伝立花宗茂セルバンテスマラウイメルカトル図法ロレンソ足利義氏

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone