コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝋人形 ロウニンギョウ

2件 の用語解説(蝋人形の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろう‐にんぎょう〔ラフニンギヤウ〕【×蝋人形】

蝋で作った人形。「―館」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蝋人形
ろうにんぎょう

蝋を素材にしてつくった人形。イタリアでは古くから宗教的な目的で蝋人形がつくられてきたが、ヨーロッパでは14世紀のころまで葬儀用の人形として使われ、親しい死者の記念にこの人形を教会の壁に並べる風習があった。それがしだいに子供相手の玩具(がんぐ)にもなった。17世紀ごろから製作の中心地はオーストリアへ移り、またフランス、イギリスなどでも盛んにつくられるようになった。歴史上の有名人物のおもかげをそのまま人形化して伝え、ありのままの姿を知りたいという欲求に応じて発達した。「生きている」ようにつくられているのが特徴で、精巧なものは本物の毛髪を用い、眉毛(まゆげ)なども1本1本植え込んだ。18世紀にはフランスでファッション・デザイナー用のヘア・モデル人形も登場したが、19世紀にはイギリスで目の動く蝋人形がつくられた。スイスのマリー・タッソーMarie Tussaud(1761―1850)は、フランス革命の際ギロチンで処刑された王族たちの頭部を蝋細工につくった蝋人形製作者で知られ、ロンドンに自作の蝋人形館を開設。世界の蝋人形館の草分けとなった。蝋人形は写実的な彫塑に着色したうえ蝋をかける独特の製作技法に特色がある。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蝋人形の関連キーワード朝顔人形姉様人形女形人形金平人形薩摩人形姿人形捏ね人形泥塑藁人形右近人形

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蝋人形の関連情報