蝋人形(読み)ロウニンギョウ

  • ×蝋人形
  • ろうにんぎょう ラフニンギャウ
  • ろうにんぎょう〔ラフニンギヤウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蝋を素材にしてつくった人形。イタリアでは古くから宗教的な目的で蝋人形がつくられてきたが、ヨーロッパでは14世紀のころまで葬儀用の人形として使われ、親しい死者の記念にこの人形を教会の壁に並べる風習があった。それがしだいに子供相手の玩具(がんぐ)にもなった。17世紀ごろから製作の中心地はオーストリアへ移り、またフランス、イギリスなどでも盛んにつくられるようになった。歴史上の有名人物のおもかげをそのまま人形化して伝え、ありのままの姿を知りたいという欲求に応じて発達した。「生きている」ようにつくられているのが特徴で、精巧なものは本物の毛髪を用い、眉毛(まゆげ)なども1本1本植え込んだ。18世紀にはフランスでファッション・デザイナー用のヘア・モデル人形も登場したが、19世紀にはイギリスで目の動く蝋人形がつくられた。スイスのマリー・タッソーMarie Tussaud(1761―1850)は、フランス革命の際ギロチンで処刑された王族たちの頭部を蝋細工につくった蝋人形製作者で知られ、ロンドンに自作の蝋人形館を開設。世界の蝋人形館の草分けとなった。蝋人形は写実的な彫塑に着色したうえ蝋をかける独特の製作技法に特色がある。

[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 蝋で作った人形。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「倫敦の『ベーガ』街に開展せる蝋人形に、聞人『スコッチ』の像あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蝋人形の関連情報