コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンドン ロンドン London

翻訳|London

2件 の用語解説(ロンドンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロンドン(London)

グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(イギリス)の首都。イングランド南東部に位置し、テムズ川下流の両岸にまたがる。中心部のシティーには銀行・取引所などがあり、世界経済の一大中心。これを取り巻いて繁華街のウエストエンド、政治の中心のウエストミンスターなどからなるインナーロンドンが都心部をなし、さらにアウターロンドン地域まで含めて大ロンドンとよぶ。11世紀の征服王ウィリアム1世以来の首都。セントポール寺院バッキンガム宮殿ウエストミンスター寺院国会議事堂ロンドン塔など歴史的建造物が多い。人口、行政区828万(2001)。
[補説]「倫敦」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロンドン【倫敦】

イギリスの首都。イングランド南東部テムズ川下流両岸に広がる河港都市。経済的中心のシティーと、政治的中心のウェストミンスターと、繁華街のウェスト-エンドを核として次第に市域を拡大。世界的な貿易・金融の中心で、食品・衣服・印刷などの工業が発達。バッキンガム宮殿・ウェストミンスター寺院・ロンドン塔・大英博物館などがある。 〔「倫敦」とも当てた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロンドンの言及

【ロンドン】より

…地名はケルト語で〈荒れた〉を意味するロンドlondoに由来し,ローマ時代にはロンディニウムLondiniumまたはロンディニオンLondinionと呼ばれた。日本では〈倫敦〉と表記することもある。行政上の市域にあたるグレーター・ロンドンの面積は1579km2,人口は700万7000(1995)で,その中心のシティ・オブ・ロンドン(略称シティ)のほか,1888年設定のカウンティ・オブ・ロンドンの範囲を指すインナー・ロンドン(13区),旧ミドルセックス州全部およびハーフォードシャー,エセックス,ケント,サリー各州の一部から形成されたアウター・ロンドン(19区)の合計32のバラborough(区)から構成される。…

※「ロンドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロンドンの関連キーワードグレゴリー英吉利英蘭グレートブリテン蘇格蘭大ブリテングレートブリテン及び北アイルランド連合王国UK

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンドンの関連情報