コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝙蝠扇 カワホリオウギ

デジタル大辞泉の解説

かわほり‐おうぎ〔かはほりあふぎ〕【蝙蝠扇】

《開くとコウモリが羽を広げた形に似るところから》薄い骨の片面または両面を張った。紙には詩歌や絵を描く。扇子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわほりおうぎ【蝙蝠扇】

〔蝙蝠が翼を広げた形に似ているところから〕
扇子。夏扇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蝙蝠扇の言及

【扇】より

…この女子の檜扇を一名衵扇(あこめおうぎ)ともいう。
[蝙蝠扇(かわほりおうぎ)]
 紙扇も平安時代に極度に発達し,これが檜扇とともに中国に渡り,さらに中国からヨーロッパにひろまっていった。はじめ紙扇は〈かわほり〉と称され,その骨は紙の片面に出ていて数も5本くらいであったが,平安時代末ころから7本,8本,10本と数を増していった。…

【扇面画】より

…扇絵ともいう。日本の扇は,ヒノキ(檜)の薄板を綴じ合わせた檜扇(ひおうぎ)と,紙を折りたたみ竹の骨をつけた蝙蝠扇(かわほりおうぎ)の2種が平安時代以来用いられた。前者は儀礼用で,実際に涼をとるのに用いられたのは夏扇と呼ばれた後者である。…

※「蝙蝠扇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蝙蝠扇の関連キーワード扇面画蝙蝠夏扇

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android