コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融紅鸞 とおる こうらん

1件 の用語解説(融紅鸞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

融紅鸞 とおる-こうらん

1906-1982 昭和時代の日本画家,放送タレント。
明治39年生まれ。24歳で祖父の家をつぎ融姓を名のる。矢野橋村に師事。花卉(かき)画を得意とし,日展などで入選。胡桃沢源人(くるみさわ-げんじん)と結婚。ラジオ大阪の「悩みの相談室」で人気者となった。昭和57年5月26日死去。76歳。大阪出身。大阪美術学校卒。旧姓は新田。本名は美代子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

融紅鸞の関連キーワード松本姿水森白甫長谷川玉粹鬼頭如石押田翠雨古村徹三酒井亜人馬場不二山岡良文山下巌

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone