コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

融紅鸞 とおる こうらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

融紅鸞 とおる-こうらん

1906-1982 昭和時代の日本画家,放送タレント。
明治39年生まれ。24歳で祖父の家をつぎ融姓を名のる。矢野橋村に師事。花卉(かき)画を得意とし,日展などで入選。胡桃沢源人(くるみさわ-げんじん)と結婚。ラジオ大阪の「悩みの相談室」で人気者となった。昭和57年5月26日死去。76歳。大阪出身。大阪美術学校卒。旧姓は新田。本名は美代子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

融紅鸞の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android