コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠍擬 サソリモドキ

2件 の用語解説(蠍擬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さそり‐もどき【×擬】

蛛形(ちゅけい)綱サソリモドキ科の節足動物。体長4センチくらいで黒褐色サソリに似るが、尾端に長いむち状の突起をもち、毒はないが悪臭を放つ。九州南部・沖縄に分布。むちさそり。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さそりもどき【蠍擬】

クモ形綱サソリモドキ目の節足動物の総称。体長4センチメートル 内外。触肢が大きなはさみになり、一見サソリに似るが、尾部が細い鞭むち状となる。毒はないが、外敵に襲われると悪臭のある液体を放出する。熱帯を中心に約70種が知られ、日本にも九州と沖縄にアマミサソリモドキとタイワンサソリモドキの2種が生息する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone