コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠟山政道 ろうやままさみち

世界大百科事典 第2版の解説

ろうやままさみち【蠟山政道】

1895‐1980(明治28‐昭和55)
政治学者。群馬県出身。1920年東京帝国大学法学部政治学科卒業。22年に東大法学部に初めて設置された行政学講座の初代担当者であり,日本における現代行政学の創始者である。39年の東大粛学事件(平賀粛学)に際して教授を辞任し,その後は衆議院議員(1942‐45),お茶の水女子大学学長(1954‐59),国際基督教大学教授(1962‐65)などを歴任した。著書は多数にのぼるが,行政学関係の主要な業績としては,《行政組織論》(1930),《英国地方行政の研究》(1949),《行政学講義序論》(1950),《行政学研究論文集》(1965)などがあり,政治学関係の主要な業績としては,《政治学の任務と対象》(1925),《日本における近代政治学の発達》(1949),《比較政治機構論》(1950),《政治学原理》(1952)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

蠟山政道の関連キーワード小野塚 喜平次後藤 隆之助川原 次吉郎矢部 貞治昭和研究会辻 清明

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android