近代政治学(読み)きんだいせいじがく(英語表記)modern politics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近代政治学
きんだいせいじがく
modern politics

現代の政治学のことを指す。近代経済学マルクス経済学と対比されるように,主としてマルクス主義の側から,戦後発達した経験主義的な政治分析に対して呼ばれる俗称である。もう一つの解釈は,古典的な政治学に対比されるという意味で近代政治学を名乗る。ただし,近代経済学が「近経」と今でも呼ばれるようには「近政」とは呼ばない。むしろ modernを現代と解して,現代政治学ということのほうが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

近代政治学【きんだいせいじがく】

英・米を中心として発達し,第2次大戦後,日本でも盛んになった政治の実証的研究や行動主義的研究を,マルクス主義的政治学と区別した総称。政党,世論,圧力団体など国家や政府だけでなく社会のあらゆる場でみられる権力現象を研究対象とした。日本では近代経済学との類比から,一般に知られるようになった。
→関連項目政治学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近代政治学の関連情報