コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平賀粛学 ひらがしゅくがく

2件 の用語解説(平賀粛学の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ひらがしゅくがく【平賀粛学】

1939年(昭和14)東大経済学部に起きた粛清事件。同学部教授河合栄治郎の著書発禁事件を契機に学部内に対立が生ずるや、総長平賀譲が両派の中心であった河合・土方成美両教授を休職処分とし、それを不服とする両派の教授多数が辞表を提出した事件。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひらがしゅくがく【平賀粛学】

1939年に起こった東京帝国大学経済学部教授会の粛清事件。滝川事件(1933)以来帝国大学内の自由主義者に対する右翼勢力の攻撃は強まっていたが,荒木貞夫の文相就任(1938)以来,文部省大学の自治への介入の姿勢をいっそう強めていた。そのころ同学部では,河合栄治郎を中心とする一派と,土方成美などのファッショ的勢力との間で対立が続いていた。1938年10月河合の著作が発禁処分にあうや,大学人としての河合の処分を要求する学内外の右翼勢力の動きは高まりを見せた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平賀粛学の関連キーワードセリグマン帝国大学森戸事件セン経友会小説東京帝国大学河津暹那須皓柴田 南雄入野 義朗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone