コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠣崎富三郎 かきざき とみさぶろう

2件 の用語解説(蠣崎富三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蠣崎富三郎 かきざき-とみさぶろう

1861-1924 明治-大正時代の軍人。
文久元年3月9日生まれ。フランス留学後,陸軍大学校,陸軍戸山学校の教官を歴任。補給など兵站(へいたん)を研究し,日露戦争では第一軍兵站監部参謀長をつとめる。のち第十師団参謀長などをへて第十一師団長となった。大正3年中将。大正13年8月30日死去。64歳。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蠣崎富三郎

没年:大正13.8.30(1924)
生年:文久1.3.9(1861.4.18)
明治大正期の陸軍軍人。松前藩(北海道)藩士の3男。明治24(1891)年陸軍大学校卒業後,フランスに留学。帰国後,陸大教官,陸軍戸山学校教官を歴任。兵站は,戦術家の顧慮に値しないとされるなか,日露開戦直前の36年夏ごろから,いわば独仏軍の兵站の翻訳にすぎない日本陸軍兵站を研究し,兵站勤務令などの改正に尽力。日露戦争では第1軍兵站監部参謀長を務めた。しかし,後方輸送業務は計画通りにはゆかなかった。大正3(1914)年中将に進む。<参考文献>大江志乃夫『日露戦争の軍事史的研究』,谷寿夫『機密日露戦史』,参謀本部編『明治三十七,八年秘密日露戦史』

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蠣崎富三郎の関連キーワード河村正彦児島惣次郎鮫島重雄篠尾明済津野田是重仁田原重行畑英太郎松前高広松前徳広桃井直幹

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone