コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血液色素 ケツエキシキソ

3件 の用語解説(血液色素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けつえき‐しきそ【血液色素】

血色素(けっしきそ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けつえきしきそ【血液色素 blood pigment】

血球内や血漿中にあって一般には酸素運搬に関与する色素で,鉄や銅などの金属を含む複合タンパク質である。血液の色はこれによる。直径1mm以下の小さな水生動物では体表から水に溶けた酸素が拡散によって必要なだけ供給されるが,それより大きな動物では酸素は循環系を通じて呼吸器官から体の各部に運ばれなければならない。そのとき酸素運搬の役割をするのがこの色素であって,酸素分圧の高い外界と接したところ(呼吸器官)で多量の酸素と結合し,酸素分圧の低いところ(組織)でその酸素を放出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けつえきしきそ【血液色素】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の血液色素の言及

【呼吸色素】より

…鉄や銅などの金属を含む複合タンパクで,酸素と可逆的に結合する色素である。多くは血液中にあって血液色素ともよばれ,酸素を運搬あるいは貯蔵する役割を果たしている。ヘモグロビンはほとんどすべての脊椎動物と一部の無脊椎動物に,クロロクルオリンはケヤリなどに,ヘムエリトリンはホシムシやシャミセンガイにみられ,いずれも鉄を含んでいる。…

※「血液色素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone