血統書(読み)けっとうしょ

精選版 日本国語大辞典「血統書」の解説

けっとう‐しょ【血統書】

〘名〙 家畜や愛玩用動物などの血統を証明する文書。ふつう血統登録によってなされたものをさす。また人間に関しても比喩として用いられる。血統証明書。血統証。
※スパニエル幻想(1960)〈阿川弘之〉「血統書つきの、バフのコッカー・スパニエルで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の血統書の言及

【血統登録】より

…家畜の血統登録は古くはアラビア人がアラブ種のウマの改良において実施したといわれているが,組織的に行われて現在まで続いているのはイギリスのサラブレッド種について1791年に開始されたのが最初である。血統登録されたものを集め記載したものが血統登録簿で,登録個体には血統証明書(血統書)が交付される。登録には閉鎖式と開放式がある。…

※「血統書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android