極め付き(読み)キワメツキ

デジタル大辞泉の解説

きわめ‐つき〔きはめ‐〕【極め付き】

《「きわめづき」とも》
書画・刀剣などで鑑定書のついていること。また、そのもの。→極め書き
すぐれたものとして定評のあること。また、そのもの。折り紙つき。「極め付きの芸」「極め付きの大酒飲み」
歌舞伎で、ある俳優の演技が他のだれよりもすぐれていると定評のある役柄。
俗に、程度の甚だしさが最高である事物・事例。最たる事物・事例。「この店のおすすめメニューの極め付きはこちら」
[補説]「極め付け」ともいうが、本来は、「極め付き」は事物等に極め書きがついていること、「極め付け」は事物等に極め書きをつけることをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きわめつき【極め付き】

書画・刀剣などで、極め書き・極め札がついていること。専門家が鑑定して、その価値を保証していること。
定評があること。折り紙つき。 「 -の悪党」
歌舞伎で、ある役者の演ずる役柄で、他のどの役者もおよばないほどのはまり役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極め付きの関連情報