コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆中 しゅうちゅう

大辞林 第三版の解説

しゅうちゅう【衆中】

しゅちゅう【衆中】

〔「しゅぢゅう」とも〕
大勢の人々。 「一町の-、是を取り持ち/浮世草子・武家義理物語 5
中世、奈良興福寺の衆徒の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

衆中の関連キーワード衆徒(しゅと)山内四郎左衛門武家義理物語餃子の王将桜田門事件畠山義綱藤原親実浮世草子中原師連往来手形評定奉行外城制度中原仲業官符衆徒麓集落寄合衆衆徒座法懸銭窪所

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衆中の関連情報