コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆徒大衆 しゅとだいしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しゅとだいしゅう【衆徒大衆】

平安時代以後,南都北嶺などの諸大寺に止宿して,論義法談の慧学や修法観法に専心した僧侶の総称。〈大衆〉のみの場合は〈だいしゅ〉とよむ。諸堂の管理や供華点灯などの雑用に従事した行人(ぎようにん)の上位にあって,行人とともに寺院大衆集団を構成した。世俗的には,中・下級貴族や荘官級の在地領主の家を,その出自とすることが多かった。中世の諸大寺においては,彼らが中心となって寺院を運営することが多く,そのためにしばしば集会評定を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android