コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆徒大衆 しゅとだいしゅう

1件 の用語解説(衆徒大衆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅとだいしゅう【衆徒大衆】

平安時代以後,南都北嶺などの諸大寺に止宿して,論義法談の慧学や修法観法に専心した僧侶の総称。〈大衆〉のみの場合は〈だいしゅ〉とよむ。諸堂の管理や供華点灯などの雑用に従事した行人(ぎようにん)の上位にあって,行人とともに寺院大衆集団を構成した。世俗的には,中・下級貴族や荘官級の在地領主の家を,その出自とすることが多かった。中世の諸大寺においては,彼らが中心となって寺院を運営することが多く,そのためにしばしば集会評定を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

衆徒大衆の関連キーワード勧学院衆徒南都七大寺学生五師南都南都北嶺北嶺釜殿奈良版

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone