コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南都北嶺 ナントホクレイ

百科事典マイペディアの解説

南都北嶺【なんとほくれい】

南都は奈良,北嶺は比叡山延暦寺をさし,最澄が比叡山を開いたことを奈良の仏教教団と対比して呼んだもの。10世紀に入り,諸大寺の僧兵中,春日大社の神木を擁した興福寺の僧兵と日吉(ひえ)神社の神輿(みこし)を奉じた延暦寺の僧兵とが代表的となり,互いに確執を繰り返し,朝廷への強訴(ごうそ)を行った。
→関連項目平清盛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんとほくれい【南都北嶺】

南都とは奈良を指すが,とくに興福寺を中心とする南都仏教教団をいい,北嶺は比叡山延暦寺をいう。藤原氏の氏寺である興福寺は,摂関政治以降寺勢が拡大し,東大寺を除く大寺の別当は興福寺僧によって占められ,公卿の子弟で入寺するものも漸次増加した。一方9世紀の初頭,最澄が比叡山に天台教団を開創し,大乗戒壇を創設して以後,南都と叡山の確執が繰り返され,10世紀後半より出現した僧兵の武力を背景に,興福寺は春日社の神木,延暦寺は日吉社の神輿を奉じて朝廷に強訴(ごうそ)し,あるいは両者が互いに闘争を繰り返すこともしばしばあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんとほくれい【南都北嶺】

奈良興福寺と比叡山延暦寺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南都北嶺
なんとほくれい

中世において大きな社会的勢力をなしていた寺社勢力を指す。南都とは、北に位置する平安京に対する平城京すなわち奈良の都をいうが、とくに、中世になって都市的発展をみせたかつての外京地域に位置する東大寺・興福寺などの寺院やその周辺地域を指していう。ひいては、これらの寺院のなかでもとりわけ強大な力を誇った興福寺を、また同寺およびそれを中核とする寺社勢力を意味した。一方、北嶺は直接には比叡山延暦寺のことであるが、南都北嶺と総称する場合には、園城寺(おんじょうじ)(三井寺)などを含むこともある。すなわち、南都北嶺という語は、平安時代以来、国家的崇敬を受けていたという由緒と正統性を誇り、院政期以降には巨大な実力を兼ね備え、社会的政治的影響力を行使した寺社勢力の総体を表現する場合に用いられている。そのなかで興福寺と延暦寺はそれぞれの中核に位置する代表的な存在であった。[久野修義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南都北嶺の関連キーワード清水寺(きよみずでら 京都市)南北朝時代(日本)源平の合戦興禅護国論後醍醐天皇宗峰妙超大内惟信建武新政元弘の変応和宗論天狗草紙衆徒大衆権門体制吉野法師源為義観智院勝林院中右記遊僧講堂

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android