コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行円(1) ぎょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行円(1) ぎょうえん

978-1047 平安時代中期の僧。
天元元年生まれ。はじめ蔵人所(くろうどどころ)雑色(ぞうしき)をつとめる。近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城(おんじょう)寺で出家。京都勧修(かじゅう)寺の心誉に師事し,灌頂(かんじょう)をうける。祈雨の修法(ずほう)にすぐれたという。長久4年法橋(ほっきょう)。永承2年1月8日死去。70歳。俗名は源国輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

行円(1)の関連キーワード国鉄労働組合スライフ朝クレメンス2世周期表呉越天元オットー2世小右記米国の大学スポーツビジネス魁皇

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android