コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス2世 クレメンスにせいClemens II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンス2世
クレメンスにせい
Clemens II

[生]?. ザクセン
[没]1047.10.9. ロマーニャ,アポセラ
ザクセン出身の第149代教皇在位 1046~47)。本名 Suidger。貴族出身。バンベルクの司教であった 1046年,ドイツ王ハインリヒ3世(在位 1028~56)のイタリア遠征に同行した。イタリアでは,シルウェステル3世(在位 1045.1.~2.),ベネディクツス9世(在位 1032~44,45,47~48),グレゴリウス6世(在位 1045~46)の 3人が,対立するローマの有力貴族の支援を受けて教皇位を主張していた。ハインリヒ3世はその全員を退位させてクレメンス2世を教皇に選出,クレメンス2世は登位後まもなくハインリヒ3世を神聖ローマ皇帝として戴冠した。1047年,ローマで会議を招集し,聖職売買を厳格に規制する法令を議決した。ベネディクツス9世の支持者に毒殺されたとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クレメンス2世の関連キーワードハインリヒ(3世)ハインリヒ[3世]ダマスス2世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android