コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行動美術協会 コウドウビジュツキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

こうどうびじゅつ‐きょうかい〔カウドウビジユツケフクワイ〕【行動美術協会】

洋画・彫刻の美術団体。昭和20年(1945)創立。前年解散の二科会再興に際し、向井潤吉ら主張を異にする旧会員が結成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

行動美術協会【こうどうびじゅつきょうかい】

洋画と彫刻の美術団体。1945年二科会の再結成に際し,主張の異なる旧会員の向井潤吉,榎倉省吾古家新らが結成,翌年第1回展を開催した。1950年彫刻部を設立。
→関連項目建畠覚造

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうどうびじゅつきょうかい【行動美術協会】

美術団体。1945年(昭和20)、向井潤吉ら旧二科会員によって組織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行動美術協会
こうどうびじゅつきょうかい

洋画、彫刻の美術団体。1945年(昭和20)、東郷青児(とうごうせいじ)を中心に二科会の再建が図られたとき、主張を異にする向井潤吉(むかいじゅんきち)、柏原(かしわばら)覚太郎、古家新(ふるやしん)、田辺三重松(みえまつ)、伊谷賢蔵、小出(こいで)卓二、田中忠雄、高井貞二(ていじ)、榎倉省吾(えのくらしょうご)ら旧二科会会員により「徒(いたず)らなる論議よりも先(ま)づ行動、逞(たくま)しく黙々(もくもく)とこの路(みち)を邁進(まいしん)せん」との辞を掲げ結成された。翌46年第1回展を開催、以来毎年秋に公募展を行い、50年には建畠覚造(たてはたかくぞう)、板谷慎(いたやしん)らを迎え彫刻部が設けられた。絵画部幹部作品に具象系が多いが、若手作家に抽象系が多く、彫刻部には前衛的作風が目だつ。[佐伯英里子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

行動美術協会の関連キーワード柏原 覚太郎田辺 三重松伊藤 久三郎中島 快彦榎倉 省吾三芳 悌吉津高 和一向井 潤吉田中 忠雄赤星 亮衛伊谷 賢蔵田中阿喜良高井 貞二伊藤久三郎田辺三重松古家 新向井良吉中島快彦河野通紀齋藤眞成

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android