コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行心 こうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行心 こうじん

ぎょうしん

行心 ぎょうしん

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の僧。
隆観の父。天文卜筮(ぼくぜい)に通じ,大津皇子骨相をみて謀反(むほん)をすすめる。朱鳥元年(686)皇子の謀反は発覚して行心も逮捕されるが,持統天皇助命により飛騨(ひだ)(岐阜県)の寺へ流された。本姓は金(こん)。法名は「こうじん」ともよみ,幸甚(こうじん)ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の行心の言及

【大津皇子】より

…また性すこぶる豪放で法度に拘泥せず,しかも謙虚に士を遇したので衆望をあつめたとも伝える。その謀反事件は新羅の僧行心(こうじん)の教唆から企てられ,川島皇子の密告で発覚したという(《懐風藻》)が,逮捕から処刑までの迅速さや大津以外の関係者がほとんど罪をえていない点などにより,事件が皇太子草壁とその母后鸕野(うの)皇女(持統天皇)側の策謀かともみられている。ただ気骨,力量人にすぐれたこの皇子に王位への野心がまったくなかったとするのも当を失する。…

※「行心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

行心の関連キーワード犯罪心理学頼豪(2)遠藤 辰雄非行少年鳥辺山物思考隆観演芸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行心の関連情報