コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行悟 ぎょうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行悟 ぎょうご

1377-1406 室町時代の僧。
永和3=天授3年生まれ。長慶天皇の皇子。16歳で出家,近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院門跡(もんぜき)をつぐ。権(ごんの)僧正,一身阿闍梨(あじゃり)となり,園城寺長吏,大坂四天王寺別当を歴任した。応永13年2月12日死去。30歳。号は後円満院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

行悟の関連キーワード黒羊朝武寧王(2)尚思紹土佐行広エンリケ3世(病弱王)ジェームズ1世[スコットランド王]ロバート3世インノケンチウス7世宥快室町時代(年表)

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android