行灯水母(読み)あんどんくらげ

精選版 日本国語大辞典「行灯水母」の解説

あんどん‐くらげ【行灯水母】

〘名〙 アンドンクラゲ科のクラゲ。かさの形はほぼ立方形で、高さ約三・五センチメートル。寒天質無色透明で堅い。かさの下端の四すみから一本ずつの細長い触手が伸びており、その胞に刺されると炎症をおこす。遊泳はすばやい。北海道から台湾にかけての海に広く分布、夏に出現する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「行灯水母」の解説

あんどん‐くらげ【行灯水母】

アンドンクラゲ科の腔腸動物は幅約3センチの立方形で、寒天質は硬く、無色透明。4本の触手にはがあり、刺されると痛い。夏に出現。たこてれれん。いら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「行灯水母」の解説

行灯水母 (アンドンクラゲ)

学名Charybdea rastonii
動物。アンドンクラゲ科のクラゲ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android