コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行願(読み)ぎょうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行願 ぎょうがん

?-? 江戸時代中期の僧。
真言宗。宝暦(1751-64)のころ常陸(ひたち)(茨城県)筑波山の月輪院住職。のち武蔵(むさし)隅田川(東京都)川畔に大進庵をむすび,吉祥寺の敬雄(きょうおう)らと交遊。晩年は京都の宝持院にうつった。著作に「文鏡秘府論冠註」「註阿字義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行願の関連情報