衣川(きぬがわ)なす

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

衣川なす[果菜類]
きぬかわなす

中国地方、岡山県の地域ブランド。
主に倉敷市で生産されている中晩生種。果実は約200g〜300gで、楕円形もしくは卵形。果皮は黒紫色で薄い。肉質は大変やわらかく、葉はやや薄い。煮物・炒め物田楽・からし漬けなどに利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android