コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣川(きぬがわ)なす

デジタル大辞泉プラスの解説

衣川(きぬがわ)なす

岡山県倉敷市で生産されるナス。中晩生種で、果実は200~300g程度で楕円形、黒紫色の果皮は薄く肉質がよい。来歴不明だが明治期から栽培されてきたとされる。「吉備の国岡山の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

衣川なす[果菜類]
きぬかわなす

中国地方、岡山県の地域ブランド。
主に倉敷市で生産されている中晩生種。果実は約200g〜300gで、楕円形もしくは卵形。果皮は黒紫色で薄い。肉質は大変やわらかく、葉はやや薄い。煮物・炒め物田楽・からし漬けなどに利用される。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

衣川(きぬがわ)なすの関連キーワード岡山県倉敷市中国地方絹なす

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android