衰容(読み)すいよう

精選版 日本国語大辞典「衰容」の解説

すい‐よう【衰容】

〘名〙 やせおとろえた容姿。やつれた容貌、様子。
※経国集(827)一三・東宮歳除応令〈賀陽豊年〉「壮歯随霄変、衰暁悛」
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二六「渠は垂死の病蓐に横(よこた)はらむとも、決して如許(かくのごとき)衰容(スヰヨウ)を為さざるべきなり」 〔謝朓‐移病還園示親属

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「衰容」の解説

【衰容】すいよう

衰えたさま。・章孝標〔匡山道者に贈る〕詩 嘗(かつ)て聞く一粒の 以て容を(かへ)すに足ると 方寸如(も)しせずんば 此の生、安(いづく)んぞふべけん

字通「衰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android