(読み)スイ

  • おとろえ おとろへ
  • おとろ・う おとろふ
  • おとろ・える おとろへる
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (動詞「おとろえる(衰)」の連用形の名詞化)
① 物事の勢いなどが弱くなること。衰退。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「後の世におとろへあるときも」
② 体力、若さ、美しさなどが盛りを過ぎていくこと。衰弱。
※源氏(1001‐14頃)夕霧「いみじのおとろへや人に見ゆべき有様にもあらず」
〘自ア下一(ハ下一)〙 おとろ・ふ 〘自ハ下二〙 (動詞「おとる(劣)」に接尾語「ふ」の付いて変化したもの)
① 物事の勢いが弱くなる。勢力が減じる。おちぶれる。
※大智度論平安初期点(850頃か)一三「財産日に耗(オトロフ)
※太平記(14C後)一「朝廷は年々に衰(ヲトロ)へ、武家は日々に盛(さかん)也」
② 生命力、体力、容色などが弱くなる。元気がなくなる。衰弱する。
※万葉(8C後)一二・二九五二「わがいのちの衰へぬれば白たへの袖の馴れにし君をしそ思ふ」
[補注]連用形に「おとろえ」の変化した「おとろい」の形の例が見られる。「私聚百因縁集‐二」の「軍徒気色騒(ヲトロヒ)。国力弱く成て」、浮世草子「好色一代女‐一」の「殿上のまじはり近き人のすゑずゑ、世のならひとてをとろひ」など。
〘自ハ下二〙 ⇒おとろえる(衰)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衰の関連情報