袋角(読み)ふくろづの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「袋角」の解説

袋角
ふくろづの

偶蹄類シカ類の毎年落ちるが,抜けたあとから出てくる角を袋角という。いちばん外側は毛の生えた皮膚におおわれ,その内側血管があり,栄養を補給してその中心に骨質が形成される。十分伸長すると血液が止り,外側の皮膚は死んで乾燥する。シカは角を木のなどにこすりつけてこれを落してしまい,全部が骨質の角となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「袋角」の解説

ふくろ‐づの【袋角】

〘名〙 夏、新しく生えかわったばかりの鹿の若角。皮膚をかぶって、それが袋に似た状態であるところから。《季・夏》
※玉塵抄(1563)五「鹿茸鹿のふくろづのを云ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「袋角」の解説

ふくろ‐づの【袋角】

生え替わったばかりのシカの角。皮膚で覆われ、柔らかいこぶ状をしている。 夏》「雨後の木々夕日をこぼす―/綾子」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の袋角の言及

【角】より

…枝角は,皮膚で覆われた頭骨の突起(角座)に乗っていて,普通春になると接合部が崩壊して脱落する。角が落ちると,直ちに角座の先端部の皮膚が延びて,袋角(ふくろづの)を形成する。袋角は血管に富んだ軟らかい角で,ビロード状の毛を密生した皮膚で覆われている。…

※「袋角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android