コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手無 てなし

世界大百科事典 第2版の解説

てなし【手無】

最も原始的な日本の衣服形態で,古くは布肩衣(ぬのかたぎぬ)ともいう。古代においては,豊富な布で手先をおおう袖は,当時の貴族階級の象徴でもあり,これに対して,最低限の用布量と労働に適した手無の形は,身分の低い者の衣服であった。ちはや),貫頭衣と呼ぶ古代以来の衣も,その発生時は無袖と思われる。江戸時代には袖なし胴着羽織,はんてんがあった。これらは〈じんべ〉〈さるこ〉〈でんち〉〈ちゃんちゃんこ〉などの地方別の俗称もあるところから,全国的に年齢や男女の別なく広く愛用されていたことがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

手無の関連キーワードダバダ火振無手無冠肩衣騙す袖無

手無の関連情報